元気のしおり

2012.03.19

食事

糖化

最近防災グッズ集めにハマっているクマです、こんにちは。

 

「糖化」という言葉を聞いたことがありますか?
糖分がタンパク質などと結合することです。
食事によって急激に血糖値が上がったり、糖分の摂りすぎによって、
体内で糖を処理しきれなくなるとこの状態がおこり「AGE」いう物質ができます。
この物質が蓄積すると老化を早め、また認知症,癌,動脈硬化などにも関与すると言われています。
この状態を作り出さないためには、食事の時は早食いせず、ゆっくり噛んで食べたり、
もちろん甘いものを控えることも大事です。

 

最近、スーパーで「低GI」と書いてある食品をみかけます。
この「GI」は食べたときの血糖値の上がりやすさを示すもので、この値が高いと、
血糖値が急激に上がりやすいということになります。
たとえば白米より玄米、うどんよりそばがこのGI値は低いようです。

 

老化は誰にでもおこりますが、これを早めるか遅くするかは本人の努力次第でもありますね。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。